Drum@RAG
ドラムをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
最終更新日:27,438 view

【ドラムの叩き方】ダブルストロークのコツと練習法

ダブルストロークとは、ひと振りの動作で2回叩くストロークのことで、ダイナミクスを出したり、細かいスティックコントロールをおこなったり、ドラムの脱力やスピードアップに欠かせない「弾む感覚」をつかむためにも非常に重要なテクニックです。

ダブルストロークの感覚は大きく分けて2種類!

細かい弾みを拾う!

ダブルストロークは1回の動作で2発の音を鳴らします。

スティックを弾ませて叩く感覚は必要不可欠ですので、ダブルストローク習得に取り組む前に、まずはスティックを親指と人差し指、または中指でつまんでスティックに「支点」を作り、スネアの上でスティックを複数回弾ませてみましょう。

その弾みを2発で止めるとダブルストロークになります。

大きく弾ませ2発目を拾う!

ハイポジション(スティックを90度以上振りかぶっている状態)のままスティックを振り下ろし、腕は降ろしている状態のままスティックだけを弾ませます。

弾んだスティックを指で操作し2発目を叩きます。

参考動画です。

ダブルストローク習得に有効な練習パターン!

この練習にはメトロノームと鏡必須!

8分音符の腕の振りで16分音符を叩く

【R L R L RRLL RRLL】

ドラムスコア。8分音符の腕の振りで16分音符を叩く

8分音符の腕の振りで左だけダブルストローク

【R L R L R LL R LL】

ドラムスコア。8分音符の腕の振りで左だけダブルストローク

8分音符の腕の振りで右だけダブルストローク

【R L R L RRL RRL】

ドラムスコア。8分音符の腕の振りで右だけダブルストローク

ロングロール

ダブルストロークを繰り返します。

こちらはメトロノームを使用し、しっかり16分、6連符などのリズムを感じて叩きます。

【RRLL RRLL RRLL RRLL】

ドラムスコア。ロングロール

パラディドル

ルーディメンツのひとつ。

ルーディメンツは、マーチングやドラムコーで発展してきた小太鼓の基礎奏法のひとつ。ドラムセットへの応用でより複雑なドラミングができる。

ルーディメンツ – Wikipedia

シングルストロークとダブルストロークの融合パターン。

【RLRR LRLL】

ドラムスコア。パラディドル参考動画です。

ダブルストロークができるとこんな事ができる!

ダブルストロークを練習し始めのころはなかなか難しいですが、習得すればこんなこともできます。

普段音楽を聴いていてよく耳にするフレーズにはダブルストロークが使われているのです。

シングルストローク4

ドラムスコア。シングルストローク4

ルーディメンツのひとつ。

ダブルストロークの感覚を歯車のように組み合わせます。

ラウドロックなどで使われる、ツインペダルを使ったコンビネーションフィル(手4発、足2発)の時などに使われる技です。

6ストロークロール

ドラムスコア。6ストロークロール

ルーディメンツのひとつ。

ファンクビートなどのフィルとして応用されることが多いです。

ヘルタ

ヘルタ

ハイブリッドルーディメンツのひとつ。

ダブルストロークの感覚を使うことで、手癖として使えるテクニカルパターン。

多くのジャンルでよく耳にするフィルです。

参考動画です。

おすすめの記事あわせて読みたい