Drum@RAG
ドラムをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

ドラムセットの椅子・スローンのベストな高さとは?

さて前回は「セッティングのときに最低限抑えるべきは椅子の高さ」ということの導入だけ書いて終わりにしてしまったので、今回はより詳細に考えていこうと思います。

 椅子の高さはなぜ大切?

ドラム椅子(ドラムスローン)

そもそも何で椅子の高さが大事なのでしょうか?

ちょっとまた音楽の話から遠くなりますが……陸上でも、バスケットボールでもサッカーでも、二足歩行で行うスポーツって、まず要となるのが「両足で地面を蹴り上げる動き」なのではないかと思うのです。

なぜなら、スポーツの動作は足の裏で地面を蹴り上げるというモーションを体の全体に伝えたうえで、とても高度な動きをしているからなのです。

実はギターやベースなど立って弾く楽器もスポーツ程ではないと思いますがこの動作の仕組みを使っています。

ではドラミングはどうでしょうか?

もちろんドラミングも、バスドラムやハイハットのフットペダルを蹴り上げる動作は大切ですが……それだけではないのです。

そう、それはドラミングが座ってする動作だからです。

それなので、ドラミングを考える際には「両足で地面を蹴り上げる動き」と「椅子の上での腰の動き」の計3点を基本として考えることが大切だと思います。

ドラム椅子の足はどのくらい広げた方がいいの?

ドラム椅子(ドラムスローン)

そして、ようやく本題です。

まず椅子をセッティングするときは「椅子の足」を広げますね。

この「椅子の足」なんですけど、私が気を付けていることは「広げ過ぎない」ということでしょうか。

なんでかというと特に最近の椅子って本当に作りがしっかりしているので「椅子の足」を広げ過ぎると「椅子が安定しすぎる」のです。

「別に安定していた方がいいんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、私的には「ちょっとだけ不安定な要素」もあえて残すようにしています。(この理由についてはこの後書きます)

それなので「椅子の足」はまぁ無難に45度程度の開き具合でいいと思います。

おすすめの記事あわせて読みたい