Drum@RAG
ドラムをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

安定した音を出すためのドラム椅子のセッティングを考える

さて今回もドラムのセッティングの要(かなめ)である、椅子について書いていきたいと思います。

さらに前回までは椅子の高さについて書きましたが……前回の記事で「椅子は安定し過ぎない方がいい」と書いたものの、その理由を書いていなかったので、まずはここからいってみましょう。

世の中にはいろんな椅子があります

ちょっと思い浮かべてほしいのですが、皆さんがIKEAとかニトリみたいな家具屋をまわっているとして、ふかふかのソファーがあったら多分「ドサッ」と深く腰をかけたくなりますよね。

それに反して、「某」カフェの様に座るところも木でできている小さめの椅子だったら、あまり深く腰掛けようと思わないはずです。

そして、ドラムの椅子はどうか?というと、前回も書きましたが、最近の椅子は背もたれこそありませんが、結構フカフカで座り心地が良いので、たまに深く腰を掛けてドラムを叩いている人を見かけます。

ということで以上を踏まえて結論をいうと「ドラムの椅子には浅く腰掛けた方がよい」と私は考えます。

不安定に座ること=安定した演奏?

http://o-dan.net/ja/

まずちょっとイメージしてみて欲しいのですが、自分がふつうの椅子に座っていて、目の前の人が急に襲ってきた場合……どちらの方が対応しやすいでしょうか?

  1. 椅子に深く腰掛けている
  2. 椅子に浅く座っている

もちろん「2」ですね!

物騒な例えでよくないですが、これと同じことがドラミングにも言えて、プロドラマーの演奏って結構傍からみると涼しげな顔で叩いているようでも、ドラムの演奏中は、時として急に襲われた時の対処の動きと同じくらい機敏な動作が体内で行われています。(かといって、力任せに叩いているのとは全然違うんですけどね)

それなので、このような機敏な動作は椅子にどっしりと深く座って行うのは難しいのではないかと思うのです。

そしてさらに付け加えると、椅子に深く腰掛けると、骨盤が寝る状態になります。(リラックマがズルッと寝そべっている状態を思い浮かべてもらえばわかりやすいでしょうか…)

ドラムを叩くときに必要な機敏な動作は骨盤を起こしていないとできないので、この理由からも、椅子に浅く腰掛けることが重要というのは理に適って(かなって)いるのかなと思います。

以上をまとめると、「不安定に座ること」こそが「安定した演奏」を生むということですね。

なんともパラドックスというか、逆説的ですが、これがドラミングの面白さだと思うのです。

身近な例で考えるとこの「不安定こそが安定」という動作は「ランニング」のなかにも見ることができます。ちょっと思い浮かべてほしいのですが……

私は体力づくりとのために時々公園を走ってますが、たまに「ドタバタ」走っている人を見かけます。

これはどういう状態かというと、足で地面を蹴った力が、分散してしまい、上半身の腕にまで伝わっていない状態なんですね。

そしてこの「ドタバタ」走っている状態が、椅子に深く座っている状態と似ていると思います。

反対に走るフォームがきれいな人は、地面を蹴り上げた力をちゃんと体の上半身に伝えており、これが椅子に浅く座って、不安定さを作り出している状態と似ています。

というわけで、ドラムを叩くという動作は非日常的であるものの、ランニングのような日常的な動作に置き換えてみるとイメージしやすい部分もあるかなと思うので、もし自分の得意なスポーツなどありましたら、そこを糸口に考えてみるのもいいかもしれませんね。

おすすめの記事あわせて読みたい