Drum@RAG
ドラムをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

【ドラマーのための】意外と奥が深い?ライドシンバルの効率的なセッティングとは?

今回はライドシンバルのセッティングについてご紹介します。

ロックやポップスではハイハットに比べると出番が少ない楽器かもしれませんが、普段何気なくセッティングをしている方、セッティングがなかなかしっくりいかない方は参考にしてみてください。

もしかしたら新しい自分のプレイスタイルを発見できるかも……?

ロック、ポップスにおけるライドシンバルの位置づけ

ライドシンバル

冒頭にも書きましたがライドシンバルでリズムを刻むジャズドラムと違って、ロックやポップスではライドシンバルがないと演奏が成立しないということはあまりないように思います。

ドラマーによってはライドシンバルを使うのが好きではないという人もいます。

また、「サビはライドシンバルじゃなきゃダメ」、みたいなセオリーは聞いたことがありません。

なのでハイハットとの使い分けは実際に曲に合わせて叩いてしっくり来るかどうかで選ぶといいでしょう(ただしこの「しっくりくる」判断基準に関しては本題と話がそれるのでまた別の機会に書こうと思います)。

ライドシンバルのセッティングの手順

以降この記事では「3点セットを使うこと」を前提に説明します(なぜなら基本であり、なおかつわかりやすいので)。

まずライドシンバルをセッティングする順番としては、椅子→ペダル→スネア→ハイタムがセットし終わってからがいいでしょう(そうしないと後でやり直しすることになります)。

そして、セッティングの要点は「高さ」「傾斜」です。

当たり前のことだと思われたかもしれませんが、ここに実はドラムの奏法を考えるヒントがあります。

なのでここからは「高さ」と「傾斜」について1つずつ見ていきましょう。

ライドシンバルのセッティングのベストな高さとは?

まずは高さ。

結論から言えば「ちょい高め」がベスト。

高すぎると叩きにくいのはイメージしやすいですが、低くするのもあまりおすすめできません。

理由は低くしすぎるとスティックのリバウンドがうまくひろえないからです。

理想はバスケのドリブルみたいに、スティックがライドシンバルでドリブルしている状態です。

そしてこのドリブルの状態になると、ライドシンバルを叩くための腕の力は最小限でいいわけです。

そして腕の力を最小限にと書きましたが、ライドシンバルを高くしすぎると「腕を高い位置に保ち続ける」という力が必要になるので、高すぎるのもおすすめできないわけです。

なので、その間をとって「ちょい高め」がやりやすいです。

おすすめの記事あわせて読みたい