Drum@RAG
ドラムをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

スネアドラムの種類と選び方。スネアおすすめ4種

スネアドラムを購入したいけど、いろいろありすぎてどれを購入すればよいのかわからない…。

今回はスネアドラムの素材の種類や胴の深さによる音の違い、最初のスネアの選び方からおすすめの機種などについて解説したいと思います。

シェルの素材

シェルとはスネアドラムの胴体の部分で、大きく分けて金属製(メタルシェル)と木製(ウッドシェル)の2種類があります。

素材によって音が変わります。

メタルシェルは硬く切れのある音で音量が出やすく、ウッドシェルは暖かみのある柔らかいサウンドが特長です。

メタルシェル

スチール

金属製シェルの定番と言えるでしょう。

価格も安い物が多いですが、音の抜けがよく人気の高い材質です。

ブラス

スチールよりも少し暖かい豊かな音色が特長です。

倍音が多いのでチューニングが難しいという人も少なくありません。

アルミニウム

非常に柔らかい素材なので、ほかの素材に比べて軽く明るい音がします。

芯がしっかりした音が欲しいという方には少し物足りないかもしれません。

ステンレス

ステンレスは音量がしっかり出ます。

素材は重たく持ち運びは少し疲れるかもしれません。

値段もやや高価で使用しているドラマーも多いとはいえませんが、個人的には好きな音です。

チタン

とにかくパワフルで明確なサウンドで良く鳴ります。

強度が高いというのも特徴です。

ブロンズ

まとまりがよくタイトな音が鳴る印象です。

ウッドシェル

メイプル(カエデ)

ウッドシェルの中でも定番のメイプルシェルは比較的軽量で、硬い木なのでレスポンスが良く明るいサウンドが得られます。

バーチ

こちらは比較的柔らかい木で、重量は結構重いです。

暖かく芯の太い感じの音が得られます。

オーク

とても硬い木で、重量もかなりあります。

ウッドシェルですがパワフルなサウンドを得る事ができます。

ブビンガ

こちらも非常に硬い木でオークと似たような感じです。

メタルはカンカンし過ぎだけど、バーチでは落ち着き過ぎだなぁ、と思う方はウッドシェルの中ではメタルに近い音が得られると思います。

マホガニー

柔らかい木で家具やギターなどにもよく使われている素材です。

全体的にまとまったサウンドが得られ、音のバランスが良いイメージです。

さまざまな素材がありますが、一概にこの素材が良い!ということはありません。

完全にその人の好みによって分かれます。

おすすめの記事あわせて読みたい